じーじのトライアスロンチャレンジ

練習もレースも手抜きを考え、如何に楽して速くなるかを目指す低レベルメタボアホリート。
記事は年寄の戯言です。真に受けないでね。
夢は今3歳の孫と一緒にトライアスロン完走w
痩せるために始めたのに、体重は増え、細くならない82cmのウエスト乙(^_^;)
最近疲労回復力が急降下。

本当は自転車が好きだけど、集団走行が怖いので、ドラフティングなしのトライアスロンに。

背景の写真は、2012年のスペイン・ビトリアで行われたロングの世界選手権のT1でバイクを押す私。
生涯ベストレースかもしれません。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

佐渡トライアスロン備忘録その5

集団走行軍団ですが、おそらく最初は数人だったんだろうと思います。


集団に抜かされることによって、心が弱い人間が追走して行ったのではないか。


叫び声を上げた後に、虚しさが残りました。


「佐渡はそういう大会なんだよ、嫌なら出なきゃいいじゃん」と
「自分は自分のやり方でゴール目指せばいい」と思ったところで、西内さんのところのユニフォームを着た人に、「ありゃ、いくらなんでもひどいね」って慰められ、「いやいやまともな人もいるんだから、そういう人たちと競えばいいじゃん」と思い直しました。


他にも何人かに声を掛けられ、上り、下り、平地で得意な部分が違うのか、いなくなったと思ったら抜かれたり、大きく引き離されたと思ったら追いついたりと、少し楽しめる余裕ができてきて、大野亀に到着。
ここからのアップダウンは割りと前後に人が見えない状態になったり。


が、内海府海岸から両津を過ぎて、上りになるまでの平地が辛かった。。。。


長時間TTポジションを取り続けなければならず、長い距離をTTバイクで走っていないツケがもろに。
なんでこんなに辛いことやっているんだ?もうロングエントリー止めようとか考えながら。。。
終いには、ヘルメットをドリンクボトルのストローの上に預ける感じで耐えていました。


両津のチェックポイントを過ぎて、上りに入ったところで、順位を数えている人に99番目と言われ、思ったほど遅くはないけど、ここでこの順位だとバイクゴールでせいぜいまくれるのは20人ぐらいかなぁ?と。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。