じーじのトライアスロンチャレンジ

練習もレースも手抜きを考え、如何に楽して速くなるかを目指す低レベルメタボアホリート。
記事は年寄の戯言です。真に受けないでね。
夢は今3歳の孫と一緒にトライアスロン完走w
痩せるために始めたのに、体重は増え、細くならない82cmのウエスト乙(^_^;)
最近疲労回復力が急降下。

本当は自転車が好きだけど、集団走行が怖いので、ドラフティングなしのトライアスロンに。

背景の写真は、2012年のスペイン・ビトリアで行われたロングの世界選手権のT1でバイクを押す私。
生涯ベストレースかもしれません。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

アルプスユルポタ記録その4

次に向かうは本日のメイン、モン・ヴァントゥです。


おせおせで、モン・ヴァントゥが見えてきたのは19時近く。
この日の日暮れは21時ちょっと前。


麓の街マロセーヌから2人がスタートすることに。
山頂まで21キロ獲得標高1400m(実は1700mあった)
私は山頂近くの宿にまず行ってそれから時間に余裕があれば下ることにしました。


もう一つの麓の街べドアンから登るのが一般的に知られている風景でこちらが表とすると、マロセーヌからは裏に当たるものかと思っていましたが、3年前に表を走った時よりこちらのほうが舗装がよく道幅も広く圧倒的に走りやすかった。
絵になるのは表ですが、ぜひとも行かれた際には裏も登って頂きたい。


もう2人も山頂まで10キロ地点から自転車で登ることに。


ということで、先回りして山頂へ。20時到着

撮った写真探したら全部自分が写っていたwww


すぐに引き返して、下ろした4人を探します。


宿に行く道と下る道に別れる山頂まで6キロ地点で、上で下ろした2人に出会う。


とりあえず、私だけ宿に向かうがなかなか場所がわからず、20分ほどさまよい、宿発見。今日の宿泊者は我々だけ。今4人が登っていることを説明し、料理を遅い時間にしてもらう了承いただく。


すぐにコースに戻り先に下ろした2人を探すと後8キロ地点。
ここからだと、日没前のゴールが厳しい旨を伝えるが、そのまま登るとのこと。照明をばっちりなので、先行する2人のところに向かう。


写真では明るいけど、ほぼ陽が落ちた状態。

最後は車の照明で照らしながらのゴール。


モン・ヴァントゥからの夜景が見えたのはよかった。



が、上は気温が一桁に下がって風も強い。真っ暗なので、車に2人を収容して、宿へ。


途中、登っている途中の2人に出会うが、真っ暗でも頂上を目指すとのことで、先に宿に帰りました。


その後、宿の場所がわからないと電話をもらったりして、だいぶ案内人としては残りの二人に迷惑をかけちゃいました。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。