じーじのトライアスロンチャレンジ

練習もレースも手抜きを考え、如何に楽して速くなるかを目指す低レベルメタボアホリート。
記事は年寄の戯言です。真に受けないでね。
夢は今3歳の孫と一緒にトライアスロン完走w
痩せるために始めたのに、体重は増え、細くならない82cmのウエスト乙(^_^;)
最近疲労回復力が急降下。

本当は自転車が好きだけど、集団走行が怖いので、ドラフティングなしのトライアスロンに。

背景の写真は、2012年のスペイン・ビトリアで行われたロングの世界選手権のT1でバイクを押す私。
生涯ベストレースかもしれません。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

今回のアルプスユルボタ所感

どうも、一度習慣から外れてしまったものを取り戻すのはしんどいですね。


リハビリしながら復活できるなら復活したいです。


今回のアルプスユルボタ、はっきり言ってめちゃ楽しかった。

その後のユルボタロスが半端ないです。

経験ないですが、禁断症状のようなものかもしれません。


がちレースのオートルートには達成感は遠く及びませんが、

非日常の楽しさ、苦しさ、高揚感、体全体にに入ってくる臨場感の食い込みなどを加算すると幸福感は今回の方が圧倒的かなと思います。


旅行業者のツアーだとお仕着せ感がありそうですが、自分達で組み立て、自分達で天候その他外部要因の変化に対応して瞬時に方針を変えて実行するのもとても楽しかったです。


もちろんこれらを実行するには参加メンバーにも恵まれたところが非常に大きかったです。特に難しい状況でのサポートには救われました。


一部無理なスケジュールや変更ができないところもあり、当初の全峠をチャリで登れたわけではありませんが、添乗員が居るわけではないので誰かしらがサポートに回る前提を踏まえると、全峠に立てたのはほぼ全クリアと言えるかな?と思います。


参加人数5人も絶妙でした。3人ならしんどい、6人なら車のサイズの兼ね合いから溢れる感じの中、皆さんそれぞれの役割を担って頂きました。


同じ趣味の人たちと同じ目的で旅をすることの楽しさわ改めて実感できた10日間でした。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。